炎上させる発注ミス商法(誤発注商法)の落とし穴とは

2019年9月11日コラム発注ミス(誤発注)コラム

ツイッターや2ch、まとめなどで爆発的にバズる発注ミス(誤発注)。みなさんもコンビニやスーパーに商品が溢れる画像を見かけたことがあると思います。

在庫が余ってしまって「気の毒だな」と思うと同時に、もし自分が拡散する側なら、これは「マーケティングに使えるかも?」なんて思ってしまうかもしれません。そこでこの記事では、わざと起こした発注ミス商法(誤発注商法)は儲かるのか、落とし穴があるのか、ご紹介したいと思います。

発注ミス商法(誤発注商法、発注ミス詐欺)とは?

よく見かける発注ミスですが、実はすべて売り切ることができてしまうことが多いのはご存知でしょうか?

単純に日本人のやさしさゆえなのか、安く販売されるためなのかわかりませんが、ツイッターや2ch、まとめなどでバズった後に沢山の人が協力してくれて、解決しています。

すべて売れるのだったら、たまに見かける「生ビール1杯目無料」とか「焼き鳥10円」とか、キャッチーなマーケティング手法のようにわざと仕掛けたら宣伝になるんじゃない?と。これがこの記事のテーマ「発注ミス商法」です。

ポイントは「アクシデントを装い炎上させ、大量の商品をさばきつつお店の宣伝を行う」ことです。

(以下、発注ミス商法(誤発注商法)とは、「発注ミスをしていないのに、多くの在庫がある写真を拡散し、口コミを狙う炎上商法」と定義してお話をすすめます。)

発注ミス商法(誤発注商法)は小リターン・大リスク

発注ミス商法≒炎上商法ということですが、自作自演ともいえるやり方でどんなリターンが期待できるのでしょうか?

まず考えられるのは、原価程度で余剰在庫をさばけることです。ただの売れ残りなのに、わざと問題を装うことである意味で「付加価値」をつけることができます。上手く行けば多くのインフルエンサーが反応してくれて、きれいに在庫処分ができてしまうかもしれません。

また発注ミスでは、SNSなどの拡散で多くの人にお店を認知してもらえる場合があります。発注ミスがバズった(炎上した)結果、来店者が増えて売上が上がったというお店もいくつかあります。これにならい、意図的に問題を起こして有名になろうというわけです。

商品がさばけない、全然バズらないといったことはもちろん考えられますが、リターンが期待できる一方で2つの重大なリスクが潜んでいます。

嘘がバレて信用が落ちる(炎上)

以前当サイトでも以下のケースを扱いました。

このように、もし拡散した情報に嘘があるとバレてしまった場合、お客さんの信用を大きく残ってしまう場合があります。こうなってしまうとSNSアカウントの閉鎖ならまだしも、ツイッターや2chでひどく中傷されるなど負の口コミが広がり、最悪閉店に追い込まれてしまってもおかしくありません。

詐欺罪となる可能性(誤発注詐欺)

さらに、嘘だとわかっていなければ購入しなかった、という人がいたとします。この場合は実質的な損害があるわけではありませんが、形式的に損害があると考えれば、詐欺罪に該当するとの見方ができてしまいます。

もちろんすべてのケースで罪に問われるということはありません。しかしここまでみてわかるように、発注ミス商法(発注ミス商法)は、多くの問題をもつやり方だといえます。

発注ミス商法(誤発注商法)ではなくトラブルに応じた拡散を

コンビニなどで見かける発注ミスについては、SNSでの拡散はとても役に立つので、バズること自体はとても良いことです。しかし利用しておいしい思いをしようものなら、しっぺ返しがあります。トラブルを避けたい方には、最終的に発注ミス商法はおすすめできるものではありません。

最後は倫理観に委ねられます。当サイトでは商品をさばくための拡散は、あくまで問題発生時の「手段」として活用していただきたいです!

Twitterでも衝撃的な発注ミスや無断キャンセルを発信しています。良かったらフォローお願いします。

    2019年9月11日発注ミス(誤発注)コラム